スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■まるまる。 2017年12月01日 鳥綱 コメント:0


  
冬鳥たち、続々と帰って来ています。







まいふぃーるどでは冬のフツー種となる国内組のクロジ。



クロジ16





今シーズン、やけに多い海外組のツグミん。

・・・相変わらず、ボーっとしています。(ーー;)


ツグミん11





年によって渡来数変動の大きい海外組のアトリも今シーズン多し。


アトリ18





こちらもほぼほぼ海外組、冬の使者であるジョウビタキも帰還。

今シーズン、ナゼか♂が多い。




ジョウビタキ47





そして国内組、幸せの青い鳥ことルリビも。


ルリビタキ124



ポキュやカシラダカ他も帰って来ています。




夏鳥以上に、冬鳥は年によって総体的に傾向やら特徴が際立つのですが、

今シーズンの特徴とは。






・・・渡来当初からナゼかみんな、丸々している事。

渡来当初は渡りで膨大なエネルギーを消費し、凡その所はホッソリしている。



なんでこんなに太ってるんだろ・・・。(ーー;)




この分だと、渡去前にオモシロイ画が撮れるかもしれません。(ーー;)







   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。